オールセラミッククラウン
  1. TOPページ
  2. 審美歯科
  3. セラミッククラウン

セラミッククラウン代々木上原インプラントセンターでは、審美修復であるセラミックによる被せ物の治療を積極的に行っております。患者様お一人おひとりに安心して審美治療を受けていただくために、治療前・治療後の摺り合わせを十分に行い、治療を決定いたします。

オールセラミッククラウン

歯の土台から歯の裏側まで、全てセラミックを使用します。強度は大変強く変色もせず限りなく透明で大変美しい素材なので特に前歯に有効です。

症例1:歯ぐきの黒ずみを改善

術前症例の変化術後:オールセラミッククラウン
メタルボンドクラウンが経年変化で黒ずんでおりました。根元をレジンで修復していましたが、それも年数とともに黒ずんでしまい、見た目が気になるとのことで来院。

症例2:前歯の変色とでこぼこが気になる

術前症例の変化術後:オールセラミッククラウン
前歯の変色とガタガタの歯並びが気になるとのことで来院。4本のオールセラミッククラウンをセットいたしました。

症例3:前歯の捻転をオールセラミッククラウンで改善

術前症例の変化術後:オールセラミッククラウン
術前症例の変化術後:オールセラミッククラウン
前歯の捻転による出っぱりが気になるとのことで来院。

メタルボンドセラミッククラウン

メタルボンド金属の裏打ち(裏側)にセラミック(陶材)を焼き付けたものです。セラミッククラウンとしての歴史は古く、今現在でも積極的に利用されています。透明性や色調はオールセラミッククラウンに比べると劣りますが、まずまずの耐久性と色調があります。

ハイブリッドセラミッククラウン

ファインセラミック(陶材)と樹脂の混合材です。耐久性・加工性優れ、ある程度の粘性(硬すぎず柔らかすぎず)があるため、とくに奥歯に有効です。

ジルコニアオールセラミックスクラウン

ジルコニアオールセラミックス当院はジルコニアによるセラミック治療にも対応しております。通常のオールセラミックスクラウンの内側部分にジルコニアを使用しものです。従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用範囲が大幅に広まりました。

ジルコニアは腐食にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われ、歯科治療における審美性の高い素材としても注目を集めています。詳しくは以下のページをご覧ください。

⇒ジルコニアオールセラミックスについて

セラミッククラウンについては、ご不明な点など、どのようなことでもかまいませんから、お気軽にご相談ください。

アクセス

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-3460-4618
9-13時 / 14-18時 休診日:木曜午後・日・祝
お問い合わせ

診療時間表

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

代々木上原 地図
〒151-0064
渋谷区上原1-21-11
Tel. 03-3460-4618

インプラント専門医難症例などはインプラント学会認定医による治療をお受けいただけます。

セレック3

レーザー治療2台のレーザー機器を使い分けております。

QRコード
上記バーコードで携帯サイトを表示できます

ページ先頭へ

代々木上原インプラントセンター
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-21-11
TEL:03-3460-4618
小田急線 / 東京メトロ千代田線
「代々木上原駅」より徒歩5分

COPYRIGHT© TAKAGI DENTAL CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED.