セレック3 cerec
  1. TOPページ
  2. 審美歯科
  3. セレックインレー

セレックシステムセレックシステムは、奥歯の詰め物やセラミッククラウン、ラミネートベニアなどを院内において短時間で削りだす機械のことです。スキャニングのマシンと削りだすマシンから構成されております。

今までのセラミック治療は、シリコンで歯の印象を取り、歯科技工所へ出し、数日~1週間の期間を要してから、詰め物が歯科医院へ届く、…というような流れでした。

セレックであれば、専用のハンディタイプのスキャンニングを使い、患者さんの奥歯の穴の形状を読み取り、その形状どおりにマシンがセラミックブロックを削りだすだけです。1連の作業がすべて院内で短時間で終了するというメリットがあります。

光学印象のハンディ機器
▲光学印象のハンディ機器

光学印象で読まれた画面
▲光学印象で読まれた画面

CEREC3(セレック3)はドイツのシロナ社で生まれ、現在全世界で18,000台の納入実績がある最先端のセラミック治療です。世界1,000万以上の症例、20年に渡る臨床実績があり、とても信頼性の高いCAD/CAMシステムの一つです。

このような方におすすめです

「短時間」「高耐久」「経済的」「審美性」など、優れたメリットのあるセレック治療は、このような方におすすめです。

  • 治療に時間をかけたくない方
  • 白くてきれいな歯を希望される方
  • 銀歯を自然な白さのものに替えたい方
  • 金属アレルギーをお持ちの方
  • 治療費用を抑えて審美歯科治療を受けたい方
  • 高精度な治療を希望されている方

セレックを使った治療の流れ

光学スキャン(かたどり)

光学スキャン

歯を削ったあと、3D光学カメラで口腔内を撮影します。治療する部分を削ったあとは、3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)。型取りの不快感を味わうことはありません。わずか数秒の作業で、患部の歯列がモニター上に再現されます。
※症例により通常のシリコンによる型取りが必要な場合もあります。

修復部位の設計

修復部位の設計

コンピュータの3D画面上で修復物を設計します。
モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。設計後は様々な色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。

修復部の作製

修復部の作製

ミリングマシンが設計データを基に加工します。
ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

口腔内へセット

口腔内へセット

口腔内へセットして治療完了です。
先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。これで治療完了となります。なお、Step1からStep4までにかかる時間は、たいていの場合は数時間程度です。
*症例によりお時間をいただくこともございます。

セレックについては、ご不明な点など、どのようなことでもかまいませんから、お気軽にご相談ください。

アクセス

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-3460-4618
9-13時 / 14-18時 休診日:木曜午後・日・祝
お問い合わせ

診療時間表

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

代々木上原 地図
〒151-0064
渋谷区上原1-21-11
Tel. 03-3460-4618

インプラント専門医難症例などはインプラント学会認定医による治療をお受けいただけます。

セレック3

レーザー治療2台のレーザー機器を使い分けております。

QRコード
上記バーコードで携帯サイトを表示できます

ページ先頭へ

代々木上原インプラントセンター
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-21-11
TEL:03-3460-4618
小田急線 / 東京メトロ千代田線
「代々木上原駅」より徒歩5分

COPYRIGHT© TAKAGI DENTAL CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED.